dropboxスマートシンクを設定するとmacのTime Machineのバックアップが失敗する件

Dropboxが2018年4月にリリースした新しい機能、「スマートシンク」、最近使ってみてるのですが、便利さがハンパないです。

個人向けだとProffesionalプラン、チーム向けだとAdvancedプランでだけ利用できる、特別機能ですが、これまで「選択型同期」を使い倒してる、という方は絶対気に入るはず

Dropbox スマート シンクをすべてのチームに、そしてチーム向けの選択型同期機能も新たにリリース
  • Dropbox内のフォルダやファイルがすべてローカルに置かれているように見える
  • 実際にはクリックするとクラウドからダウンロードが始まる
  • ストレージを消費せずにDropbox内ファイルをローカルに表示させることが可能
  • ファイル単位でローカルに置くかスマートシンクにするかを指定可能
  • 選択型同期設定との併用も可能

macユーザーの方なら

「iCloudにも似た機能あるんじゃ?」

と感じます。そう、macOS Sierra 以降に実装されたストレージを最適化の機能に似た感じです。しかしmacは「ストレージが一杯にならないよう自動的に塩梅よく調整する」という感じのサービス、Dropboxのスマートシンクは「フォルダやファイル単位でクラウドに置いたりローカルに置いたりが指定できる」サービス。使ってみると、ぜんぜん違うし、便利すぎて離れられなくなります。ていうか、iCloudの純正サービスとしてこういうの、作ってほしい・・・Apple。

ストレージ最適化とスマートシンクの比較

 Dropboxスマートシンクmac OSストレージの最適化
対象フォルダやファイルをユーザーが自由に選べるOSが利用頻度の低いものを自動的に選ぶ
利用方法DropboxのProfessionalまたはAdvancedのプランを利用。
フォルダやファイルを右クリックして「スマートシンク」を選択
システム環境設定のiCloud → iCloudドライブを選択し、「Macストレージを最適化」をオンにする
制約条件チームフォルダを利用している人は個人フォルダではスマートシンクを利用できない

Time Machineを設定するときに注意!

しかしこのスマートシンクを設定した状態でTime Machine (macOSに備わっている定期バックアップソフト)を動かすと問題が発生します。Time Machineがわざわざスマートシンク設定しているファイルをひとつひとつローカルにダウンロードさせてバックアップを取ろうとするようです。

わたしは「ストレージ不足!」とアラートが出て、バックアップに失敗してしまいました。

Dropboxスマートシンクを利用してTime Machineでバックアップ取るときは、Dropboxフォルダ全部(チームフォルダを利用している人はチームフォルダ)をバックアップ対象から除外しておくのがよいようです。

システム環境設定 → Time Machine → オプション(右下のボタン)

とたどって、+ボタンを押して「バックアップ対象から除外する項目」にDropboxのフォルダを指定しておきます。

Time Machineにはバックアップされなくても、Dropboxにバックアップありますからね。

 

停電すら新しい時代に突入していた(驚)。

冬を迎えて、「なるほど」と思ったことがあったのでライフハック的な備忘録。

突然の通電遮断と、自動復旧

冬になって電気暖房器具を使っているときにドライヤーやオーブントースターを使用した途端、ばん、っと部屋が真っ暗になることがあります。

「停電!! ブレーカー、落ちちゃった!」

と、玄関近くの配電盤を確認するとレバーが下がっているので、押し上げると電気が復旧します。いわゆる「電気の使いすぎによる停電」で、契約している電気容量を超えて電気を使用したためにアンペアブレーカーが落ち、電気を止めます。

ところが、我が家でこの冬発生した停電は、いままで体験してきたのとは、ちょっと違っていました。

  • 暖房器具と家電製品を同時使用すると、突然電気が落ちてしまう
    (ここまではいままでの経験と同じ)
  • 対応しようと立ち上がろうとするくらいのタイミングで電気が自動復旧する
    (その間およそ5秒ほど。なにもしないのに電気が自動的に点く)
  • 「え? なんで? なんで復旧したの?」と家族、ぽかーん。

念のために配電盤を確認してみると、すべてのレバーは上がったまま。最初は、「なんかの間違い?」なんて思っていたのですが、暖房器具の運転が増えると繰り返し発生するようになりました。パソコン仕事に影響するようになったので、電気会社に相談してみたら、原因が判明。

この不思議な停電(と復旧)、なんと「電力の自由化」と関係していたのです。

スマートメーターによるスマートな停電

  • 電気を止めていたのは、ブレーカーではなく、スマートメーターでした。
  • スマートメーターとは、屋外のメーターボックスの中にある電力メーターのこと。電力会社を新参入会社に変更すると、電力メーターはすべてスマートメーターに付け替えられるそうです。スマートメーターはインターネットに接続されていて、電気の使用量などをネットを通じて管理できるようになっています。

    参考:「電力自由化で話題のスマートメーターとは?」

  • 今回の停電は、契約しているアンペア数を超えてしまったのをスマートメーターが検知して電気を遮断することで発生していたのです。
  • 契約の電気容量は40アンペア、家の中のブレーカーの容量は50アンペアだったので、家の中のブレーカーは落ちませんでした。けどスマートメーターが「契約の量を超えてるよ」と電気を遮断。その後、復旧させていたようです。
  • 契約している会社(うちの場合は東京ガス)に「契約アンペアの変更お願い」をして、契約アンペアを上げれば大丈夫。うちは50アンペアにしました。電話でできちゃいます。

わかってしまえば、「なるほどね」なのですが、意外とネットにも参考になる書き込みが少なかったので、メモ書きに。

参考: 「電気がつかないときは?」

なお、電力会社が供給する電力が一時的に途切れることで同様のことが生じることもあるそうです。(「瞬停」と言われる) ただし、その場合はご近所一帯がそうなってしまうので、電力会社のwebなどで報告されるようですね。

 

Time Machineが同期しない! OS10.8


Mac OS 10.8でTime Capsuleをご利用のみなさん、こんにちは。

おっと・・・
Time Machineが急に同期しなくなりましたか?

「Time Machineは”XXXX”へのバックアップを完了できませんでした。
バックアップディスクイメージ”XXXX/”はすでに使用中です」

とメッセージが出てきて、お困りですか?

エラーメッセージを頼りにグーグル先生に聞いてみたら

https://discussionsjapan.apple.com/thread/10105020?start=0&tstart=0
http://masa-p.petdoge.com/modules/d3diary/index.php?page=detail&bid=655
http://report.station.ez-net.jp/hardware/apple/time-machine/time-capsule.asp
http://okwave.jp/qa/q6102505.html

・・・などなど、参考になりそうな情報が出てきたけれども、

・「アプリ」→「ユーティリティ」→AirMac ユーティリティを起動
・【手動設定】ボタンをクリック
・【ディスク】タブをクリック
(「Masa-Pの脳みそ」さんより引用)

って、「【手動設定】ボタン」が見つからないんですけど。。。。
と悲しくなってきたところでしたか?
まさに1時間前のわたくしの状態です。

“Time Machineが同期しない! OS10.8” の続きを読む

雨の降る日曜日の夜のノマドワーキング

日曜日の夜、24時間営業のマクドナルドで過ごすことがある。
週末締切の仕事をやっつけるために。
自宅の椅子の上では、どうにもエンジンがかからない。しかも最悪の場合、無意識のうちに寝てしまうのだ。
そこで、あえて近所のマクドナルドまで出かけて仕事をする、というわけ。

先日利用したときはテスト期間と重なっていたためか、何人かの大学生ががんばって試験勉強をしていた。驚いたことに朝4時くらいに来店して、登校前に勉強をしている女子高生もいた。
コミュニケーションすることはなくても、同じ夜、同じ場所で頑張っている人がいると自分も頑張れる気がする。
これもひとつのノマド効果だ。個人的には「夏休みの図書館の法則」と名付けている。

さて、今夜もお店に来て作業を始めているのだけれど、テスト期間が過ぎたからか、警報が出るほどの雨降りだからなのか、人影はほとんどない。

悪いことにクーラーのシーズンになってしまって、寒いときている。
せっかくやってきたのに、エンジンがかかりません。

モチベーションアップのために好きなBGMをセットしたが、空回り。
身の回りのガジェットを整理してみたが、これも空回り。
かくなるうえは、ノートにTODOリストをペンで書き出してみようかと画策している。

「紙になにかを書く」という行為は、なぜかやる気を引き出す作用がある。どういうメカニズムなのかは知らないけれど。

遠くない未来、人類は紙やペンを持たないでも生活できるようになるかもしれない。けれど、きっといい仕事をする人類はペンと紙を持っているのではないか、と妄想。

デジタルガジェットが進化してくれたおかげで、仕事環境がデジタルか、アナログかという議論は逆に意味がなくなってしまった。たとえば紙に書いたメモをカメラで撮影してEvernoteに突っ込んでしまえば、手書き文字でもある程度文字認識して検索可能になってしまうのだ。

仕事を上手にこなすためにツールやテクニック、勉強方法の紹介がブームだけれど、たぶん、続かないんじゃないかな。
むしろ、どういう条件が揃ったときに仕事しやすいと感じ、気持ちを集中できるのか、ワクワクする気持ちになれるのか? ということを知ることのほうが100倍大事になるんじゃないかな。
いちばん知らなくてはいけないのは、人間のクセや、自分自身のクセ。
誰かの情報に頼るんじゃなくて、自分の体験に素直になる機会を持ってみないと、納得できない。

ばかみたいに激しく雨が降ってる。
午前1時前に、ぼくはマクドナルドでノートを広げている。
ペンを持って、これから何かを書くつもり。

わははは、俺様の、今週のTODOを書き出しますよ!

CalengooからTapCalに

Calengoo、気に入って使っていたのですが、最近、TapCalに乗り換えてしまいました。
なにがどうして、って、ビューの見やすさと立ち上がりのスマートさ。
GoogleTaskと同期するようになってくれたら、タスク専用アプリは不要になっちゃうんじゃないかと期待してます。

iPhoneアプリ Calengooが進化していた

ちょうど1年くらい前のエントリーで
iPhoneアプリ Calengooのことを紹介して以来、何気に普段使いしていたのだけれど、ひさしぶりにアプリのページ見たら、Google Tasksに対応していたことが判明!

えー? 知らなんだ。
さっそく、Setting ->Tasks を見つけて、ON にして利用できるようにしました。

Google Tasksは、Googleカレンダーを使っている人にはぜひおすすめしたいTODO管理サービス。

・Googleカレンダー
・Chromeのエクステンション
・Chromeのアプリケーションショートカット
・iPhoneアプリ「GeeTasksPro」
・本日より、iPhoneアプリ「Calengoo」でも(笑)

これら全部、自分のGoogle AppsアカウントのGoogle Tasksと同期させて、いつでもTODOを書き込めるようにしています。
思いついたときに書けるのがTODOリストの必要条件ですからね。
「あれ?どこだっけ」なんて探したりするようなツールじゃ困るんです。
その点、デスクトップにChromeのアプリケーションショートカットを置いておくと、ものすごく便利ですよ。

YkboxBlogさんのこのエントリーが非常に詳しくて参考になります

Google Appsで、Googleタスクが単体で使えないのかなーと思っていたら、使えることが分かりました。以下、まとめです。

Remember The Milkもかわいくてよかったけど、Google Tasksが無料で、ここまで縦横無尽に利用できるとなると、…ね。
だんぜんおススメです。

iPhoneアプリ CalenGoo

びっくり。

しばらくチェックしてない間にすごいのができてました。

iPhone用のGoogleカレンダー連動アプリ「CalenGoo」。

「さいすけ」の無料版を使ってはみたけれど、
ちょっとUIどうかな~(1200円の価値あるかな?)なんて思っていたところ。

かと言って、やっぱりiPhoneのデフォルトのカレンダー画面は使いづらく
(他のいろんなUIと比較しても特筆すべきと言っていいほど使いづらい・笑
あれは何かを狙っているんでしょうか?)
正直、支障をきたすレベルでした。

で、この、CalenGooです。

CalenGoo
CalenGoo

マンモス使いやすい!(笑)
このUIは素晴らしい。
800円という値段は正直、微妙なラインですが、
今日一日、これでサクサクとスケジュール確認や入力してみて
「800円の価値はあるアプリだな」
との確信を強くしました。

設定は英語オンリーながら、本当に細かいところまでよく作ってある。

アイコンがちょいダサいのと、
開始直後のデータロードが少しもたつきますが
この感動と比較したら無視できるほど!
CalenGoo Easy access to your Google Calendar with your iPhone or iPod Touch.

Bild5_1
週間予定画面
月間予定画面
月間予定画面

“iPhoneアプリ CalenGoo” の続きを読む

Gmailのオフライン利用がヤバい

昨年の夏にiPhoneを使うようになってから、それまで数年にわたって使ってきたメーラーBecky!をThunderbirdに乗り換えました。

・会社のメールアドレスを全てGmailに飛ばし、Gmailから会社のメールアドレス発信したように見せる設定にした
・GmailのIMAP4の機能を使って、GmailをiPhoneとThunderbirdからチェックできるようにした
・メール返信した方のアドレスをGmailのContactリストに残す設定にした
・iPhoneのアドレスブックをNuevasyncを使ってGmailのContactと同期させるようにした

…というわけで、メールの処理が飛躍的にスピーディになり、しかも、メールで連絡したことのある人はiPhoneのアドレスブックからいつでも検索できる、という「半自動」スタイルができたわけです。
ところが、Gmailがオフラインで利用できるようになって、話はもっとシンプルになりました。
Google Chromブラウザを使うと、超さくさくと起動してストレスなし。
ネット回線の状態を自動的に検知してくれるらしく、ネットにつながっていればオンライン環境で、
ネットから切断されればオフライン環境で、さくさくと仕事できるんです。
(Thunderbirdはオフラインを検知しないので、アラートがうるさかった)
しかも、3か月前までのメールは自動でローカルに同期しているので、
ちょっと前のメールのやりとりをオフラインで検索できるとか(ThunderbirdをIMAP4で利用するとそれはできない)
キーボードショートカットでいろいろと操作できるとかの楽しみを知ってしまうと、
「もう、Gmailだけで、すっかり満足!」
な体になってしまいます。
この、快適さは、ちょっと代えがたいです。

PCと同期できるソフトが増えて、便利になる

びっくり!
G-mailがGoogle Gearを使ってオフラインに対応するようになりました。
本日、早速使ってみました!!
1) 設定を「English(US)」にして、Google Labs未利用プラグインから「Off line」をオンにすることで起動
2) 画面右上の 「Off line」ボタンを押すと、ソフトウエアをダウンロードして実装
3) オンライン状態のときに自動的に3ヵ月分のメールを取得
4) オフライン状態でもG-mailの画面で返信操作可能
5) オンラインになった状態で、同期
というもの。
実は先日、Thunderbirdの画面上から「Remember The Milk」が利用できるアドオン
を入れて、それはそれでほくほくしていたのですが、
G-mailがオフラインで使えるようになったら、
Thunderbirdを立ち上げる頻度が低くなるかもしれません。
もともと、ThunderbirdからG-mailをIMAP4サーバとして利用しているだけなので。
Chromブラウザの立ち上がりの速さと軽さで、メールを書いて送れるのは
ものすごくメリットです。

ノートをめぐる冒険

「ノート術」が書籍や雑誌の記事で人気らしいですよ。
人って、たしかにノートの補助なしではうまくアタマが回りません。
うまく生きてゆくためには、うまくノートを使え、ってことなのかもしれません。。
でも、iPhoneを使うようになってから、自分の「ノート」の使い方が
大きく変わっていることに気が付きました。
で、「自分とノートの付き合い方」について考えてみたんです。
これが、案外、おもしろかったのでエントリーに残しておきたいと思います。

“ノートをめぐる冒険” の続きを読む