仕事にはやくしまるえつこ

例の「荒川アンダーザブリッジ」の衝撃以来、BGMの「やくしまるえつこ」化が止まりません(笑)。
日に多い時で6時間くらい、相対性理論をヘビロテしてます。
実際、明らかに作業向け。仕事のじゃまをしないどころか、むしろ、テンポをアップしてくれる気がします。

でもって、辿り着いたお気に入りは「(恋は)百年戦争」。
相対性理論らしいギターやベースがきちんとうなってて、やくしまるさんの声もいろんなバリエーションがあって、しかも、声に似合わないドロドロした三角関係の歌というところが、たまんないです(笑)。
「結んだ赤い糸」と「盗んだ赤い糸」のひっかけあたりも、思わず口ずさみたくなってきますよ。

Swing Out Sister

昨晩、お取引先の方にお誘いいただいて、Swing Out SisterのLIVEに行ってきました。
ライブに行くということすら数年ぶりなのに、四半世紀がかりで大好きなSwing Out Sister!
あまりにうっとりして、気絶しそうになりましたが(大げさなようで、けっこう本気)、よかったです。


※上の動画は1996年に来日したときのインストアライブですよ。
ボーカルのコリーン、もう52歳になるらしいのですが、かわらなず美しく、そして、かわいらしくて、感激でした。
ひざまづきたくなる系(笑)。

人として、プロとして、年を重ねてもチャーミングでいられるのって、実は難しいんじゃないですかね。
しかし、自分もそうありたいと思いました。