2020年の「赤毛のアン」

赤毛のアン が大好きだ。作品について語り出すと、たいていの場合、自分の感情をコントロールできなくなる。あとで「ああ、また相手を引かせてしまったな」と後悔することが多い。まあ、いい歳のおじさんが「赤毛のアン」の魅力を熱弁しだしたら、ふつう引いてしまうだろう。

けれど今日はアンについて書かないわけにはいけないように感じてこのエントリーを書いている。うまく書けるとよいのだけど。

“2020年の「赤毛のアン」” の続きを読む