被害者は誰なんだろう?

スーパーの精肉売り場に
「黒毛和牛肉が50%OFFの『笑劇的プライス』!」
という手書きPOP。

妻と、これはどういう肉なのかなと「個体識別番号検索サービス」を利用して、お肉の出所を確かめてみました。
牛肉には個体識別番号というのがあって、お肉売り場のラベルにもきちんと表示されてます。ケータイからカンタンにこのサービスを利用することができるのです。

結果は、「福島県飯館村」。

思わず絶句。
流通している食品の放射性物質は政府の定める暫定基準値を下回るものであることは、情報として知ってます。

仮にこの肉に放射性物質がまったく含まれてないならば、この牛を育てた農家の方は買い叩かれたのだと想像できます。まさに風評被害。流通企業や消費者はある意味での加害者であり、生産者は結果的な被害者という構図になります。
もっとも、放射能を心配しなくてはならない状況を生んだのは、消費者でも農家でもないんですけどね。本来、この放射能被害の原因を作った人たちが補償して当然なのに、そういうしくみになってないことが妙なんです。放射能は自然災害じゃないんです。

また、一方で、仮にこの肉に放射性物質が含まれていたとすると、この肉を購入して食べる人は内部被ばくする可能性があります。
日本にはいま「暫定基準値」という指針が設けられていますが、いろんな方が指摘している通り、じつは低量被ばくの影響は解明されていません
放射線の影響は確率的にしか語れないので、「ただちに害を及ぼすものではない」にせよ、ほんの少しでも摂取量が増せば、リスクがアップするのは間違いないんです。
「被災地の農家のために、多少の放射性物質は気にしません」という気持ちは大事かもしれません。「政府が大丈夫と言っているのを信じる」というのも愛国精神かもしれません。しかしその消費行動と交換されているのは、その人の将来の健康ということになります。
もし将来、消費者が健康被害を被ったとき、仮に自分で覚悟していたとしても、放射性物質を含む農産物を流通させた生産者・流通企業いずれもが加害者となってしまいます。
暫定基準値を定めた国に責任があるとは言え、供給サイドは命に関わる加害者としての十字架を背負うことになる。
悲劇的としかいいようがありません。

白血病はまだでない。3年以降で、白血病はピークが5年、がんが7年だった。これは必ずピークは出る。医師は知っておいた方がいい。被災者のみんなが放射能障害を心配している中で、「心配しなくていいよ」という医者では通用しなくなる。

加害者になりたい人なんかいません。もちろん、被害者にもなりたくありません。
しかし、いまスーパーマーケットの中で見えてくるのは、誰かが加害者になって、誰かが被害者になるしかないゲームが現在進行形で展開しているということ。
いったい誰に訴えたら、この異常なゲームを止めてもらえるんでしょう。

『あの花』最終回~ 風景の持つ感動のチカラ

個人的にすごく盛り上がった『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない』、最終回を迎えました。
涙腺破壊力に期待して見てたんだけど、あれれ? という感じで終わってしまった感じが。。。
いや、決してつまんないと言うつもりはないし、それなりに感動はしたので「許容範囲かなあ」とは思うんだけど、10話までの『あの花』の流れからすると、最終回だけ、作り手側の理屈を押し付けられた感じが拭えなかったかなあ、と。

この感じ、『エヴァンゲリオン』のTV版最終回、『エウレカセブン』の3クール以降や『崖の上のポニョ』のラストにも共通してるんだけど(わあ、こんな風に書いてて、すっごいマニアっぽい気がしてきた(笑)。仕方ないね、マニアなんだから)、物語を理解させるための尺不足を登場人物のセリフ回しでカバーしようとして、観てる人たちをおいてけぼりにしちゃった。
探偵小説のラストで、謎解きするシーンのような感じとでも言うんでしょうか。セリフを注意深く聞いてないと、なにが起こってるのかわかんない。これ、見る側にすると、かなりつらい演出だったのかなと感じましたよ。
逆に言えば、『あの花』は、10話までの情景演出が出色だったことに気付かされました。真夜中の横断歩道、秩父大橋、駅のホーム、特急通過待ちのトンネル、河原、花火の発射台…。
風景の持つチカラって、すごい。ああ、こうしてアニメの「聖地巡礼」って流れにつながるんだね。。。納得です。

ところで、前回のツイートが『みたいもん!』のいしたにさんにTweetされててびっくりしました。

あの花と異人たちとの夏に言及してるのはとりあえずこれ http://bit.ly/j0JoZhless than a minute ago via Echofon Favorite Retweet Reply


『異人たちとの夏』と『あの花』の関係について研究されていたようで。。。ほほう。

『あの花』がすごい件について書かないではいられない

40歳過ぎているというのに、ふとしたキッカケで、アニメ作品にハマることがあります。
最近はネットの口コミやらごにょごにょやら、レンタルDVDやらが充実しているおかげで、「へぇ~」と思ってすぐ確認できるので、必ずしもテレビのオンエアや映画公開時に確認できなくても、後追いで楽しめる。いやいや、本当にいい時代になったものですね。
(大学生だったら、本当、家から一歩も出ないような生活になってそう。ある意味、便利すぎるのも社会としてはヤバいわな…。) 

で、つい最近知って「すごい!」と盛り上がっているのが
『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない』という作品
『あの花』という略称でも呼ばれ、2011年の春シーズンアニメでは高い評価を得ているのだとか。
今週、最終回がオンエアらしいんですよ。いや、ギリギリだけど、間に合ってよかった…。

物語は、埼玉・秩父。
ひきこもりしている高校生、ジンタンのもとに、小学生のときに事故で亡くなってしまった幼馴染の女の子が現れ「わたしのお願いをかなえてほしい」と訴えてきます。
その少女の死が原因で心に傷を負いながら、それぞれの道を歩き始めていた6人の幼馴染たちが集まって…。

…なんて紹介しても、地味なあらすじにしからなないんだけど(笑)、涙腺の破壊力がハンパないっす。
キャラクターそれぞれが心の中に秘める思いがあって、それがいい塩梅に絡んで、離れて、チクチクと胸に痛いんです。
「もう、出てくるキャラ、みーんな、優しいじゃんか! うわーん(泣)」な感じは、『ハチクロ』好きな人なら、共感できるんじゃないかと思いますよ。
演出のテクニックも、すごくすごくヤバい。
OPの演出も、脇役キャラクターの使い方、背景や情景の描写の丁寧さ、必ず次回への「?!」を残すEDへの導入…どれをとっても「うまい!」としかいいようがありません。 

 

「突然いなくなってしまった人との心の交流」というテーマは、劇作的には定番中の定番のモチーフ。

思いだせる映画だけでも『異人たちとの夏』『ゴースト』『よみがえり』『いま会いにいきます』エトセトラ。
個人的に好きな作品で言うと、よしもとばななのデビュー小説『キッチン』と同じ単行本に収録された小説『ムーンライト・シャドウ』もあるなあ。

でも『あの花』の演出で、ひとつ全然違うのが、亡くなってしまった少女の描写。質量的というか、きちんと重さがある。壁を通り抜けたり、飛んだりしない。
まるで生身の人間みたいに、どたどた走って、ふすまを開けて、肉を食べたりもする(笑)。ただ、主人公のジンタン以外には見えないだけ。
この、生っぽさが逆にファンタジー感を消して、すごくしっとりした人間ドラマにしてくれているような気がします。

10話の終盤、花火が打ちあがるシーンは、思い出すだけでも、また涙腺壊れそうです。 

日本のアニメって、本当、レベルが上がってすごいことになってるなと嬉しくなりました。
作ってくれた人たちにお礼を言いたくなります。

まわりの友達を大切にすることの温かさや、ぬくもりを感じさせてくれる作品がヒットしたのは、必然であるようにも思います。
ぜひ見てない人には見てみてほしい。 素敵な作品です。 

(追記)
Facebookのファンページも、盛り上がってる。しかも驚いたことに、英語がほとんど!
いまどきのアニメは、世界中でリアルタイムで見られてるんだなぁ(…って、違法アップロード経由なんだろうけど)

日本に住めなくなる日は来るか?

福島第一原発の事故により、「もう日本は暮らせなくなるのではないか?」という話が出てきているようです。
先月末付けのオーストラリアのメディアで、こんな記事が出ています。

 

Independentaustralia”Fukushima meltdown – Caldicott says Japan may become uninhabitable – media silent”

“If there is a very big aftershock, as there very well could be, Reactor 4 will probably collapse along with other buildings. This would create a Chernobyl type catastrophe which,  combined with a change in the wind – so its blowing the radiation to the South instead of out to sea as it is at the moment – could make almost all of Japan – including Tokyo –uninhabitable forever.”

“The second possible scenario is that there could be hydrogen explosion blowing one of the reactors apart also creating a Chernobyl type event. This, combined with the wind change mentioned would create the same result—an uninhabitable Japan.”

余震により4号機が倒壊する可能性は高い。そして台風等の風により放射能が南に流れ、東京を含むほぼ日本全土が永遠に住めなくなってしまうこともあり得る、という内容。

たしかに話題となっている4号機の燃料貯蔵プールは、白煙(水蒸気?)を上げていると話題になってます。
福島原発の事故は、(つい忘れそうになっているけど)まだライブで進行中なんですね。


そして、つい想像してしまいます。4号機が本当に倒壊したとき、日本の政府や東電がどんな対応をするのか。

「たしかに建物は倒れましたが大したことはありません。パニックになる必要はありません」

とアナウンスするのでは?
そしてまた、抜本的な除染対策を行わず、「被災地救援」の名のもと、農産物出荷はしたりするんじゃないか? と。
この、思考停止的な対応が、じつは最も怖いと感じています。

放射性物質は怖いけれど、きっときちんと意志をもって処理すればリスクはぐっと逓減できるはずです。
しかし、本当はリスクあるものを「とりあえず大丈夫」として、拡散させてしまうとどうでしょう。
1年や2年では影響は見えませんが、10年、20年のレベルで国を滅ぼしてゆくことになるのではないでしょうか。 

さて、このことが判ると、「福島原発から出た放射性チリをいくら薄めても、将来の子供達が被曝する」ということがわかる。
たとえば、福島の瓦礫を日本中に移動したり、ホウレンソウを基準以下だと言って生協が運搬したり、乳牛を北海道に移動すると、
「人間の手で放射性チリを全国にばらまく」
ことになり、しかも日本人一人あたりの量がとんでもなく多いので、永久に日本列島が汚れてしまう。

「日本のほとんどの地域は放射性物質が原因で住めなくなった。
放射性物質が国内にひろく拡散したからだ。
拡散の原因は風だけでななかった。人間の手によって、ゴミや農産物と一緒に運ばれた。
しかし、それがそれほど危険なものだとはだれも気付いていなかった」

20年後、そんな総括がされるようなことがあってはならなりません。 

雨の降る日曜日の夜のノマドワーキング

日曜日の夜、24時間営業のマクドナルドで過ごすことがある。
週末締切の仕事をやっつけるために。
自宅の椅子の上では、どうにもエンジンがかからない。しかも最悪の場合、無意識のうちに寝てしまうのだ。
そこで、あえて近所のマクドナルドまで出かけて仕事をする、というわけ。

先日利用したときはテスト期間と重なっていたためか、何人かの大学生ががんばって試験勉強をしていた。驚いたことに朝4時くらいに来店して、登校前に勉強をしている女子高生もいた。
コミュニケーションすることはなくても、同じ夜、同じ場所で頑張っている人がいると自分も頑張れる気がする。
これもひとつのノマド効果だ。個人的には「夏休みの図書館の法則」と名付けている。

さて、今夜もお店に来て作業を始めているのだけれど、テスト期間が過ぎたからか、警報が出るほどの雨降りだからなのか、人影はほとんどない。

悪いことにクーラーのシーズンになってしまって、寒いときている。
せっかくやってきたのに、エンジンがかかりません。

モチベーションアップのために好きなBGMをセットしたが、空回り。
身の回りのガジェットを整理してみたが、これも空回り。
かくなるうえは、ノートにTODOリストをペンで書き出してみようかと画策している。

「紙になにかを書く」という行為は、なぜかやる気を引き出す作用がある。どういうメカニズムなのかは知らないけれど。

遠くない未来、人類は紙やペンを持たないでも生活できるようになるかもしれない。けれど、きっといい仕事をする人類はペンと紙を持っているのではないか、と妄想。

デジタルガジェットが進化してくれたおかげで、仕事環境がデジタルか、アナログかという議論は逆に意味がなくなってしまった。たとえば紙に書いたメモをカメラで撮影してEvernoteに突っ込んでしまえば、手書き文字でもある程度文字認識して検索可能になってしまうのだ。

仕事を上手にこなすためにツールやテクニック、勉強方法の紹介がブームだけれど、たぶん、続かないんじゃないかな。
むしろ、どういう条件が揃ったときに仕事しやすいと感じ、気持ちを集中できるのか、ワクワクする気持ちになれるのか? ということを知ることのほうが100倍大事になるんじゃないかな。
いちばん知らなくてはいけないのは、人間のクセや、自分自身のクセ。
誰かの情報に頼るんじゃなくて、自分の体験に素直になる機会を持ってみないと、納得できない。

ばかみたいに激しく雨が降ってる。
午前1時前に、ぼくはマクドナルドでノートを広げている。
ペンを持って、これから何かを書くつもり。

わははは、俺様の、今週のTODOを書き出しますよ!

関東地方の放射線量、上昇しています

先日の台風以降、空間放射線量がやや上がっているようです。
横浜市内の自宅の屋外での計測値、台風前は毎時0.09μSv程度だったのに、昨日は毎時0.14μSvを実測。
この値は4月上旬頃のレベル。
最近、南関東や静岡あたりの農作物もかなり放射能汚染されていることが報道されていますが、台風前と台風後ではそのレベルも変わってくるのでは?

横浜市の給食、徹底的に福島県産食材を使っているらしいと話題です。
6月中旬より食材の放射線量をチェックすることになったらしいのですが、なぜか月に1回、野菜だけの抜き取り調査
提供される給食そのもののを、毎日きちんと調査しなかったら意味ないのでは?
台風の前後で1.4倍も数字がブレるのに。
国も、県も、市も、「将来の子供のいのちを、守る」という意識が、なぜにこんなにも希薄なんだろう。
20年後に「あのときの判断は、甘かった」って頭下げられても、その時にはもう、どうしようもないんですけど。