「手馴染み」というUI

TechCrunch Japanese アーカイブ » AndroidよiPhoneに学べ…ハードじゃなくてソフトが重要なのよ

AndroidよiPhoneに学べ…ハードじゃなくてソフトが重要なのよCommentsAdd Starllcheesell
Erick Schonfeld
AndroidのG1電話機の発表初期段階における詳しい評価記事は、ほとんど出尽くしたようだ。CrunchGearにも相当掘り下げた記事があるし、ぼくの第一印象記事もある。このG1のスペックやスライド式のキーボード、179ドルという価格などについて書かれた記事は、至る所に山のようにある。

米国でAndroid携帯の初号機、G1が発売された、というニュースがネットを騒がしている。
よはねはまだG1の実物を見ていないけど、この記事に激しく共感する。
とくに、

ぼくだけの好みかもしれないけど、タッチスクリーンを使っているときは、ずっとタッチスクリーンモードに居たいね。タッチスクリーンだけで、何もかもできるはずだ。すごいなーと思うのは、AndroidもiPhoneもどちらも、使っていると何もかも忘れて完全に没頭してしまうことだ。ハードウェア上のキーを探したり押したりする行為は、その快適な没頭の邪魔をして、ぼくを醜い現実に引き戻してしまう。やめてほしい。

というあたりなんか。
iPhoneのタッチスクリーンに慣れてしまうと、ケータイのテンキー押しのメール作成が辛いのなんの。
装置と人間のインターフェイスとの「体感」の問題なのだろう。
そういうのもひとくくりに「UI」って言うのかもしれない。
でも、ケータイのUIは端末の形や重さなどの工業製品のUIと、
操作画面設計なんかのUIとがハイブリッドされる領域だ。
端末ハードメーカーが、有名デザイナーとコラボするのは悪くないけど、
アバンギャルドや時代の空気みたいなコンセプト追いかけるんじゃなくて
手肌感、端末操作感にフィーチャーした、シブいデザイナーコラボなんかもやってほしいな。
柳宗理デザインしたみたいな、カッコいいけど手馴染みのよい端末と、
「これ、使い始めたら、とまんねー」
みたいな画面UIの統合。
毎日使うものだから、操作の気持ちよさって、とっても大事だと思うんだ。
(iPhoneで気づかされた)

エコシステムができる、ということ

TechCrunch Japanese アーカイブ » ブログをネイティブのiPhoneアプリに変えるAppLoopの新サービス

野郎2人のスタートアップ「AppLoop」が、RSSフィードつきブログならどんなブログでもネイティブのiPhoneアプリに変えることが可能な「App Generator」をローンチ、iPhoneデベロッパー向けセルフサービスのツール群に加えた。これはニューヨークタイムズのiPhoneアプリをモデルに作った新サービスだ。

「RSSフィード付きブログを、iPhoneアプリとして自動生成するサービス」
というと、ふーん、と聞き流してしまいそう。
個人が、iPhoneアプリ開発はおろかソフトウエア開発の知識ゼロの状態でアプリを作れてしまえる。
そしてそこで作成したアプリをAppleに対して「登録申請」してしまえる
…と聞くと、なんだかすごいと思いませんか?
よはねはすごいと思いました。
アップルが、APP STOREというビジネスプラットフォームを作り、
そこで流通させるソフトウエアの規格とSDKを配布した。
今回のサービスの開発者は、そのSDKに基づいてアプリを制作するWEBアプリを開発した。
アプリを制作するWEBアプリを利用して、ビジネスプラットフォームに参加した。
…ということができれるようになると、誰もがビジネスプラットフォームの恩恵にあずかることができる。
こういう動きを妨げない生態系(エコシステム)が、さっそく立ち上がったところがiPhoneの面白いところ。
言いたいことはいろいろあるが、今日のところはこのへんで。

Nuevasync で iPhone3Gの住所録/カレンダー同期がフリーズする件

iphone_home-181x300.jpgiPhoneでNuevasyncを利用している。
Mobile Meとほぼ同じ機能が、無料で利用できるゴキゲンなサービスなのだ。
(詳細はこちらこちらなどを参考いただきたい)
ところが住所録やカレンダーの同期が先日より頻繁にフリーズするようになった。
iPhoneの故障か、と思っていろいろ調べていたのだが、どうもNuevasyncの問題が生じたらしい。
…ということがわかった。
Nuevasync側で対策を講じて一応の問題解決したそうだが、人によってはまだフリーズが続いているようだ、とNuevasyncサイトのブログで報告されている。
しかも公式にはiPhoneのファームウエア2.2を待て、と書いてある。
泣きそうになっていたのだが、ブログのコメント欄にMichaelという方が10/18付で解決方法を紹介していた。
この方法を試したところ、すっきりと治ったので、ぜひここで紹介したい。

1. Turn on airplane mode.
2. Change nuevasync password on the website.
3. Try to delete exchange account on iphone. It will freeze.
4. Restart iphone.
5. Delete exchange account on iphone.
6. Turn off airplane mode.
7. Add nuevasync account to iphone using the new password.

ちょっと丁寧に手順を日本語化しておこう。

1. iPhone3Gで[設定]→[機内モード]を、オンにする
2. Neuvasyncのサイトにアクセスして[account settings]からパスワードを変更する
(Password欄に新しいパスワードを入力して「Save」を押す)
3. iPhone3Gの[設定]→[メール/連絡先/カレンダー]→[アカウント]から、Nuevasyncのアカウントを選択。
  「アカウントを削除」ボタンを押す。この手順をすると、フリーズする。
4. iPhoneをリスタートさせる
  (「スリープ/スリープ解除」ボタンを押しながら「ホーム」ボタンを 10 秒以上押し続ける。
  Apple ロゴが表示されるまで「スリープ/スリープ解除」ボタンを押しながら「ホーム」ボタンを押し続ける)
5. 再起動したら、再度3番の手順を実行して、Muevasyncのアカウントを削除する
  (この削除は成功する)
6. [機内モード]をオフにする
7. [設定]→[メール/連絡先/カレンダー]→[アカウント]から、新しく設定したパスワードで、Nuevasyncのアカウントを設定する

半日がかり悩みまくったトラブルが見事に解決した。
同様に画面が固まるトラブルに悩んでいる方の参考になれば、と思う。
もちろん、実行するときは自己責任で。

新聞連載漫画と、未発表の第一級長編小説

新聞に連載されている漫画と、未発表の第一級長編小説があったとして、
それぞれの「ファンの数」を比べたら、
もちろん新聞の連載漫画の方が多くなる。
未発表の小説は、たとえどんなにクオリティが高くても、読者がいないんだから。
発表されない限り、どんなに面白いものもどんなに素晴らしいものも、意味をなさない。
その基本をまず、よく理解することが大事。

“新聞連載漫画と、未発表の第一級長編小説”の続きを読む

アートイベント Shibuya1000

地下鉄渋谷駅が拡大して、メトロプラザまで地下道がつながっていた! びっくり。
その長い通路に「Shibuya 1000」というアート展覧会が開催されていた。
素人さんばかりを撮った写真作品や、服飾学校の生徒のドレス作品なんかが並んでいて、
いまいちその意図はよくわかんないんだけど(笑)、そうとう目を引く。
shibuya1000-1.jpgshibuya1000-2.png
ここには撮影できなかったけど、シブい写真作品や、ドキッとするような作品もあった。
こういうのは、本当、もっともっとやったらいい。
カルチャーの発信うんぬん言うつもりではなくて、街が楽しくなる。
それに、なにより、刺激が生まれる。
写真撮ったり作品作ったりしたひとも、観る人も、
こういう機会を一度体験したら、きっと、次はもっともっと上を目指すと思う。

日本の非対称性は、名古屋から学べ?

日本人科学者(性格には日本出身科学者)が4人もノーベル賞を受賞した。
ちょうど先月、
日経新聞の「わたしの履歴書」はノーベル化学賞を受賞した名大特別教授の野依さんの連載を
とても興味深く読ませていただいていた。
野依さんの受賞理由は、不斉触媒合成。
化学物質を合成すると、化学式は一緒でも、分子の形が鏡面対象のものが半々できる。
ところが一方の形は有用だが、鏡に映った形の物質は使えない、ということがあるらしい。
それで、有用な形のものだけ限定して作りたい、となる。
そこで触媒を使うことを発見した。
その後の世界の有機化学の発展に貢献する研究だったらしい。

“日本の非対称性は、名古屋から学べ?”の続きを読む