「ウェブ時代をゆく」

梅田望夫さんの「ウェブ時代をゆく」を読む。
言葉がいい。
梅田さんの文章は平易なので、ついつい読みすすめてしまうのだが、
実はものすごく大胆な提案や、誰もが経験したことがあるというわけではないようなことを
さらりと説明してくれる。
だから心地いい。
「あちら側」と「こちら側」、「けものみち」、「手ぶら」…など
梅田さんのメタファーには、妙にしっくりくる言葉が使われている。
まったく新しいコンセプトを語る時、
横文字や感覚的な言葉を空回りさせてしまうと収集がつかなくなる。
梅田さんの身近な人の例や、有名な人の例まで、盛りだくさん。
「自分が本当に言いたいことは、他人に言わせろ」
を実行している。