KOBE Collection 06S/S in YOKOHAMA

神戸コレクション 06 S/S横浜公演を観てきた。
なんでかって?
ファッションショーが好きだから。
…ってのは、あながち外れてないけど嘘(W
ほんとうは仕事のからみで、招待状を頂戴したのです。
「神戸コレクション」、噂には伺っていたけれど、参加するのは今回が初めて。


場所はパシフィコ横浜の展示ホール。
東京ガールズコレクションを意識しての会場選びか?
20代前半~半ばくらいのオシャレ女性たちで埋まってました。
会場のステージ(ランウエイ)を囲むように協賛企業ブースが設置。
メインの協賛はマンダムの「ルシードL」と日産「MOCO」。
その他にも大小10個くらいのブースがありました。オシャレな縁日みたいな感じ。
最初に目を引いたのはハーゲンダッツのブース前の長い列。
先着2000名にアイスのサンプリング。なるほどですね~。
次に目を引いたのは、「ルシードL」のブース。
人気の美容室4店とタイアップして、出張ヘアメイクルームを開設。
ケータイ空メールを送ってクーポン画面を表示させると、無料でヘアメイクをしてもらえるという企画。
見たときは、ざっと100人くらいの行列ができており、「約1時間待ちです」とのこと!!
実はこういうイベントでケータイメールアドレスを獲得するのは、カンタンなようでなかなか難しい。
目玉企画を呼び水にしていたのはアイデアです。
もっとも、(登録してみた)イベント後にメールを利用したアクションがない。勿体ない!
(ケータイメルアドを獲得したら、なるべく早めにお礼のアクションをすべき)
ああ、仕事モードなメモ(W
ファッションショーは、1日に3回、登場ブランド入れ替えて開催され、
1回につき、途中、アーティストのステージやスポンサー企業のPRタイムも含めて約1時間半。
演出は、「さすが、テレビ局(MBSさん)のバックアップです」という流れ。
ランウエイ正面に設けられたスクリーンに映し出される映像は、イベント用の映像素材というよりはむしろテレビ番組。
これから始まるショーの見所を紹介するや、画面下からモデルたちが飛び出してくる。
「ベタ」と言えば確かにベタなんだけど、すごくわかりやすい!
わかりやすいから、1時間半という結構長いショーも飽きずに見られる!
そのまま映像パッケージ化しても、イケそうです。
ただ、その映像の中のモデルちゃんたちがイマイチかわいく映ってない。
雑誌の世界だと、情報ページの撮影とファッションページの撮影って全然ちがうスキルや感性が必要なので、スタッフのキャスティングは当然のように変わります。
「テレビ局のカメラマンさんって、ファッションを撮る専門の人っているのかな?
フィルター入れて撮ればいいって思ってんじゃないの~?」
…なんてツッコミつつ、楽しく拝見させていただきました。
ワンセグTVでテレビとケータイの連動が進む、という話がよく聞こえてきますが
「あ、こういう風にすればいいんだ、きっと」
という姿が見えた気がしました。
さーて、11日は東京ガールズコレクション。
今回は2万人の集客? どんなのになるか、楽しみです。

“KOBE Collection 06S/S in YOKOHAMA” への1件の返信

  1. カンタ 囲む 会

    会場選びか? 20代前半?半ばくらいのオシャレ女性たちで埋まってました。 …囲むように協賛企業ブースが設置。 メインの協賛はマンダムの「ルシードL」と…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です