文壇パーティ

角川春樹事務所さんの9周年パーティ(兼「小松左京賞」授賞式)に参加する。
同社が発行している月刊「ランティエ。」で「人生のシンクロニシティ」を連載しているたまさんと一緒に。
(※もともと「ランティエ。」にたまさんをご紹介したという縁で。たまさんは「人生のセイムスケール」という、その名の通りスケールの大きなサイトをお持ちであるので、こちらも要チェック!)

日本沈没
日本沈没

復活の日

復活の日

キャピトル東急ホテルが会場ということで、どんなお顔ぶれかと楽しみに伺ったら、文学界の大御所がご列席。
小松左京先生(「日本沈没」「復活の日」はオイラの少年時代を鬱にしてくれた(笑))、久世光彦氏(作家としてよりも、「寺内貫太郎一家」「ムー一族」の脚本家として崇拝)、森村誠一先生(「人間の証明」ですな。尋常でなくいい人であるオーラを発してらした)、町田康氏(オイラたち世代としては「町田まちぞう」=「ロビンソンの庭」!)北方謙三氏、ほか…作家先生の顔と名前が一致するほどの知識のないオイラが「あ、あの人は!」という方ばかり。
月刊「ランティエ。」を通じお世話になった「日本」を撮る写真芸術家、ヴィルハーさんとも再会。
なぜだか飲みの約束をしてしまう(笑)。

“文壇パーティ” の続きを読む

豊富に脳内麻薬

本日朝から、すごぶる調子がいい。
お昼、もうかれこれ10年以上お世話になっている先輩Kさんに誘われ、ランチ+アイデアフラッシュ。
最初ローギアでスタートしたのだが、途中からギアがガンガンと上がる。Kさんとの話は化学反応があるので楽しい。ディスカッションの途中から、急にステージがぐんと上がるのだ。エスカレーターというより、エレベーター的に。これって、なんなんだろ?
最後別れ際にも「これ実現したら、めちゃくちゃ楽しそう!!」というアイデア追加で、もう1段シフトアップ! 人気モバイルコンテンツできちゃいそうな勢い!?
おうおう、脳内麻薬がしゅうしゅう吹き出てます。

“豊富に脳内麻薬” の続きを読む

流通の巨星、堕つ。

ダイエーの中内功(※)さんが脳梗塞のために死去。
新聞報道を見ていると、評判は色々だったのだと改めて知る。
「日本の消費生活を変えたすばらしい経営者」
「流通に革命を起こした人。彼がいなければ100円ショップもなかっただろう」
という評判の一方で
「ワンマン」など、悪評までもがわざわざ新聞記事になっていた。
良くも悪くも、濃いおっちゃんだったのだ。
(※)「功」は、「力」ではなく「刀」が正解。でもフォントがない。

“流通の巨星、堕つ。” の続きを読む

「チャンス–成功者がくれた運命の鍵」

犬飼ターボ氏の「チャンス-成功者がくれた運命の鍵」(飛鳥新社刊)を読む。
最近、若い企業家の書いた書籍がベストセラーに並ぶようになった。
(「渋谷ではたらく社長の告白」(藤田晋)、 「20代で始める「夢設計図」」(熊谷正寿)、「すごい会議」(大橋禅太郎)だってそうだ!)
それらいずれもが「金持ち父さん」チルドレンとでも言ったらいいのか、「自分の成功のヒミツを公開します。アナタの参考にしてくださいよ」的なコンテンツである。

スグに使える情報が詰まっていて、このオトク感はハンパじゃない。
読後の「なるほど」感はぶ厚いマーケティング理論の本に勝るとも劣らないものがあると思う。
この本もその例外ではなく、オトク感という点では申し分がない。
それどころか、小説仕立てになっていて(こういうのを「成功小説」というのだそうだ)、物語の世界の中で主人公と同じ目線で学んだり気づいたりするという構成になっているのがユニーク。
きっと、ビジネス書アレルギーのような人もいると思うのだが、こんなスタイルだったらワクワクして読めると思う。

“「チャンス–成功者がくれた運命の鍵」” の続きを読む

木漏れ陽

昨日、今日の午後のミーティング用にと作っておいたパワーポイントの企画書が破損(最近、なんだかうまく保存できないことが増えたのは、なぜでしょう)。
昨夜から修復を開始し、眠気に耐えるために場所を自宅からジョナサンに移してほぼ徹夜で仕上げる。げろ眠い。
朝、六本木ヒルズのスタバで待ち合わせだというのに、眠いのが影響してか?家を出るのが5分遅れ、慌てて呼びつけた無線タクシーには「運転手が、うっかり向かってませんでした」という、呆れるしかない理由で15分も待ち呆けを食らわされ(笑)、憤怒しつつ流れてるクルマを拾って駅に向かう。急行電車を逃してしまって結果、40分も遅刻(涙)。ああ…もう…これって…。
滝汗流しながら平謝り。でも、芋洗い坂下のスタバは昼頃、日陰。テラス席でコーヒーを飲んでいると、風が抜けて気持ちいい。すっかり秋の風情ではないですか!
木漏れ陽の下のピクニックな気分で、もろもろお話。

“木漏れ陽” の続きを読む

若いってだけで価値がある

午後からの打ち合わせに備えて、昼頃から九段下。
駅近くのベンチに腰掛け、例のカフェ・ド・クリエの無線LAN信号を拾ってメールチェック。
露天でパソコン仕事、しかもブロードバンドというのは気持ちいい…
と思ったのだけど、うまく無線LANに繋がらなかった。残念!
某出版社の某編集部にて打ち合わせ。
およそ半年ぶりに訪れたのだが、人が出たり入ったりで様子が変わっていた。
いつも笑顔でお茶を持ってきてくれたアルバイトくんも今月一杯で辞める予定だという。
そういえば、9月ってのは普通の会社だと半期の〆シーズン。いろいろありますな!
夕方、神保町にて打ち合せ。
夜、青山のインド・レストランにて打ち合せ。某企業の新規事業の相談。
びっくりしたのは、その新規事業の主要メンバー全員がインターンの学生さん!

“若いってだけで価値がある” の続きを読む

「人生の旋律」

amelodyofthelife.jpg

泣けた! この本は読まないとあかんです!
マーケティングのカリスマ神田昌典さんの最新刊「人生の旋律」。
神田さんの著作でありながら、マーケティングと直接関係ないのがポイント。
昭和~平成を生き抜いた伝説的実業家・近藤トウタにインタビューし、まとめたものだとある。トウタって誰かって? それは……本を読んでみて。
彼の生き様の中に、学ぶべきコンテンツががっつりと詰まっていて、神田さんはそれを読者に伝えたいのだという。
その波乱万丈たるや
「なーんつって、このお話、ぜんぶつくり話だったんだ」
と言われたら、
「やっぱり? でき過ぎてると思ったんだ~」
というような内容であることは、書いている神田さんご本人が言っている(笑)。
が、逆に言えばそれくらい近藤トウタの生き方・すさまじさは映画じみているし、読んでいるこちらは圧倒されてしまう。
ページをめくり出したら、最後のページまで閉じることができなくなる! まるでシドニィ・シェルダンの超訳小説みたい!(古い?・笑)
…しかも、お話のオシリあたりでボロ泣きしてしまうんだけど…。

“「人生の旋律」” の続きを読む

「夢と希望」というコスメ?

お昼、元いた会社の後輩で、でも一緒には働いたことのない才媛とランチ。
よく、「目からビームが出る」みたいな表現を比喩で使うことがあるけれど、彼女の瞳の奥から、マジでまぶしいくらいの光の粒がキッラキラと溢れているのが見えた。
話しているだけで、わけもなくこちらまで嬉しくなる。
おっさん、その嬉しさをごまかすために、妙に照れモードになってしまう。
新しいことをはじめる予定なのだとか。どうりで! 
夢を持って希望に満ちていると、目の中にラメが入るんだあ(発見!)。
どんな高いコスメでもこれは真似できないですな。
午後からメンターSさんとミーティング。
はしゃいでる場合ちゃいまっせ、自分。「しっかりせんとダメやで」と一喝される。
…ごもっともです。。。
夜、明日のための提案書を作成。3時すぎに完成。

飛び込み営業以来

朝からいろんなお約束やミーティング。
気づけば、6件ばかりハシゴしていました。
社会人1年生のころは、「飛び込み営業」してて、そんなの比じゃない数の会社の門をくぐったもの。
けれど、こんなには疲れなかったよなー、と年齢を感じてみたり。。。
要は最後には、体力が大事だっつこと?

モバイルの未来

夜、某大手ネット系企業のモバイル関連子会社社長と飲み。
モバイルメディアが「いまここに持っている可能性」と「使われていない可能性」、「モバイルを間違って使ったためにモバイルが得た間違った評価」などの話で盛り上がる。
話が「ツー」といえば「カー」と響くのは楽しいですな!
本日の飲みを経て痛感したこと。
「とにかく、動け! 作れ! 結果出せ!」
「喋ってるだけじゃなくて」